失業によって得られる失業保険は、失業中であることが給付のため必要です…

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業状態でなければもらえません…

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが、給付期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、なんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき大急ぎで仕事探しを開始してもうまくいかない可能性は高いでしょう。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」に関してはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接の時に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるおそれもあるので要注意です。

    長年にわたって接客業で仕事を行ってきましたが、歳をとるにつれて…

  • 長く接客業で務めていたのですが、歳をとるにつれて立ってする仕事は体力的にハードで、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを目指して活動しました。事務未経験だとわりと難しくて、接客経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も合格して個人の病院に転職をしました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係もややこしい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業時代よりも帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリア形成の時と諦め頑張ります。

    詐欺|今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

  • 今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては働いている所属する会社が社員に「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れる可能性もあります。受け取れる「失業手当」の額は、会社の辞めた月の給料を基に失業手当の支給する額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

    『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。ですが、そのときに曖昧な表現をしていると、場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時には手を変え人を変え、結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。はじめて直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本来なら、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。大変驚きました。職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと呆れてしまいました。

    詐欺|全く経験したことがない分野などに転業したい場合には、…

  • 初挑戦の業種などに転身したいと思っている場合には、以前の職で、自分が培ってきた力ややってきたことを生かすことができるというアピールが必要になります。勤務経験のない業種の場合、経験していない分そのジャンルの経験者よりも不足することはありますが、自らが保持している力がそこでも生かせるということをうまく伝えれば、戦うことができるケースも十分に考えられるのです。ですので、経験のない業界にチャレンジする場合は、その業種と自分が今までやってきた仕事との関係を見つけ出してみましょう。

    転職のために人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • この前転職先を探すために人材会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングをするために出てきた担当の方が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、こちらが説明している話の5割も彼はわかってはいない様子です。それなのに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みを明確にしていく必要性があります」とか、何もかもわかっているかのように偉そうにしゃべるので非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそこそこ能力のある人にしてほしいです。

    転職期間のあいだは、自分の好きなことに打ち込むことに加…

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。会社が決まり、仕事を再開したときに、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中する力がアップしています。そしてまた、体力アップしていることで他の社員と比べると疲れない体になっているということを自ずと認識することができます。そんなわけで、退職したら趣味に時間を充てることと、体力アップをしておくことをしておいて損はありません。転職が決まり、その職場にて共通の趣味の人と知り合えたのなら、会話が盛り上がります。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

    クールビズのスタイルで再就職の面接にチャレンジする際には・・

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接に行く場合、いくらなんでもジャケットは着なくても大丈夫だとわかるのですが、ネクタイは面接では着用しているほうが印象が良いです。タイの着用はなくてもOKだと認めている企業もある確率もなくはないです。ですが、ネクタイにおいてはクールビズでも着用しなければならないと思っているところがいくつか存在します。そのため、クールビズでOKだと言われていてもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということをわかっておいてください。

    今までの私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までの私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。というのは、ほとんどの転職サイトは構造上、都会や大手の求人がほとんどだからです。なので、転職活動をする時は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人よりどうしても給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着なので、都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている方も多少いるかもしれません。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、転職を検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトのようなこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

    詐欺|転職サイトは大手のサイトであるほど豊富な数の会社が掲載されているた・・

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど案件が多いので、2つか3つ、とりあえずはサイトに登録しておいて、勤務地と年収条件程度の条件一致で次に条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。とはいっても、初回に限っては登録しなくてはならないのでサイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。初めの登録のときは少々時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後の応募を考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけましょう。

    求人関連の情報では、とうぜんたいていの会社では月収が明記されています。

  • 求人についての情報を見てみると、大部分の場合は大部分の株式会社では月の給料が記載されているはずです。ただしこの月収の部分を見る時には、その値だけで納得してはいけません。もしかすると、月収の内訳で「毎月30時間分の残業」が条件になっているかもしれません。それは残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあるんです。だから、そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

    詐欺|転職するにあたって、今勤務している会社辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけません…

  • 転職する際、今務めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、もし自らの希望によって退職届を書いて退社する、いわゆる依願退職の場合は、すぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでハローワークのスタッフと口論になっているのを見たことがあります。因みに自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されて即座に失業保険をもらえます。

    転職時の面接で着用する腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目を惹・・

  • 転職する際に行われる面接のときにつける腕時計については、目立つようなタイプの腕時計はやめておいた方が最善といえます。この場合の、目立つは高価なものとか、といった意味合いだけではなく逆に完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そういう意味であって真反対なことで目立つ、ということで頭に入れておきましょう。面接の際に付けるべき腕時計においてはネクタイやスーツと同じで、ふさわしいものをしたほうが賢明です。ですが、自分の年齢に見合ったものであるということも必要な条件であり、新卒の時に面接で準備した腕時計よりはほんの少しでも値が張るものにした方が好印象であるということは言えます。

    転職活動の最後の難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先がOKしたとしても、現在働いている会社が退職を慰留してくる可能性があります。そのような場合は、「何が何でも退職する」という強固な意思を保つことが大事です。仮に会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。そのあとで、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と正直に伝えます。円満退社という形をとることも転職活動において必要不可欠です。

    転職サイトに一度登録すると、電話やメール連絡が何回も入ります。

  • 「転職エージェント」では、登録後、電話・メールで執拗に連絡が入ります。これに対して転職初心者は結構びっくりするケースがよくあります。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事だといえるので、積極的にアプローチしてきます。その中でも大手のエージェントは、転職を完了させると企業からお金が入る仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。さらに、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が出た瞬間に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように注意することが大事です。

    詐欺|転職をするときに比較的重視されるのが「面接」なのは間違いありません。

  • 再就職において、要となるのが「面接」である。普通の面接の際は応募者に対して、転職を決意した経緯や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そしてほぼ100%、面接の終了間際に転職希望をする人からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当者から「弊社で働くことについて何か疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こんなときは、対応できず、戸惑う事もありまよすね。こんな時の為に、面接の前には面接官からの質問に際し、質問の内容をいくつか考えておくのもいいかもしれません。冷静になればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。