派遣社員として働く会社が決定しました。

派遣先の会社が決まりました。仕事の1日目に営業担当の人と派遣先に近いコンビニエンスストアで待ち合わせたところ、どうしたことかコンビニの前にいないから中にいるのではないかと考えコンビニの中に入ってみたら担当者はなんと雑誌売り場の前に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて閲覧しているではないですか。

退職|派遣の仕事が決定しました。就業初日に派遣会社の営業の担当者・・

派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業の担当の人と派遣先の会社近くのコンビニで合流すると約束をしていたのですが、なぜか約束したお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思い店の中に入ってみたら、営業担当者は驚くことに雑誌コーナーの前にしゃがみ込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな人が担当者だなんて勘弁だと感じ、挨拶することもなく気付かれないようにお店の中から出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。



もしあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のよう…

仮にあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Iターン」において大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと思っている人が、近年増えています。ここ最近は求人情報サイトを活用すれば、地方や郊外の求人もいつでも容易にアクセスできます。残念ながら郊外や地方での求人に関しては、都市部のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもまめに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。



転業を視野に入れているなら頻繁にたくさんの会社の採用…

転業を考えているなら、いろいろな会社の採用情報をチェックしておくと就職先をかなり選択しやすくなるでしょう。あなたが今の仕事に満足感がないと、本格的に転職活動をする際に、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そうなると、どの会社を選択していいのか判断が難しくなり、どんな会社でも飛びついてしまいます。それゆえに、直ぐに退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。透明性ある会社は、取引している会社情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。また、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。



現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳罰を与える傾向にありますが、完璧ではありません。面接で見破る方法があります。まずは求人票などの労働条件を事前に調べ、怪しい点について堂々と質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げの姿勢に入ります。給与と残業、休日に関しては、詳細について尋ねると、困った表情をする可能性が高いです。それでも食い下がると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、入社を止めるのが無難でしょう。



今から転職活動をするのなら、気になる求人(または業種・・

あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(OR 業界)があったら、絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、その業界に関するマイナス点はアドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、ネット検索を活用することで瞬時に現実を知ることができます。そうしたチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとで入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合も多いので、目に留まった業種について、しっかり調べた上で応募しましょう。



転職の時に行われる面接時にクールビズでも大丈夫で…

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズ可とと書かれていることもあります。しかし、クールビズで行くのは良くないのでは?と思いがちです。クールビズの悩みを心に背負いこんでいる人々に伝えたいのは、企業側からクールビズでも良いとされている面接の場面では伝えられた内容を実行したほうが良いです。色々考えて、夏の暑い時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと不自然に思われますから、会社側からクールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズでも大丈夫というわけです。



転職を成功させるための採用面接でのやめておいたほうがよいの・・

転職時の企業での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、正直なところ悪い結果につながります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接の際は「給与システム」などの、通常はかなり質問しづらい内容を思い切って率直に質問しておくと、絶対にあなたのためになります。実際には「そんな無遠慮なそういった質問をすることで最終選考に悪い結果になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、ですが、相手からの印象もいい直結するといいます。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかし、面接で緊張していると、大半の人が質問を躊躇しています。けれども、一歩踏み出しておくと、「勇気のある人だな」ということで自己アピールになるのです。



新しい環境下で自身の過去の実力を発揮できれば、即戦力として周囲から評価され…

新たな仕事で自身の過去の能力を最大限に活用できれば、即戦力と周囲から見られて早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に会社側もそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えばそこまで難しいものではありません。しかも、これまでの働いていた職場と似た環境の職種なら転職はとても楽となります。かと言って、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務職、公務員などは、今も昔も相当な難関だと覚悟しておきましょう。



最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業といった民間側からも新しい社会的な変化が巻き起こりつつあります。そのような変化の中で、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」がクローズアップされています。将来的に「外国人労働者」の割合を高めていくであると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用状況や転職事情も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。



転職のため仕事探しをする場合に注意すべき求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く・・

就職活動に特に注意したほうがよい求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長めのものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が少なくありません。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料に残業代を入れて計算しておく、といったことです。(注意・違法ではありません)仮に『みなし残業代25時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」ということになるわけです。ただし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を記載していないことも少なくないので注意をしておきましょう。



退職|求人に関係する情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人ほど…

求人に関係する情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人ほどはなから製造業はチェックしない人がいますが、そのような人は、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしていることが少なくありません。製造業であっても、製造マンだけでなく人事・総務・経理と言った人材や資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事もたくさんあります。ただ、製造業の多数はオフィス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。しかし、自分のこだわりを捨てることによってよく考えた方が良いですね。



この頃では、株や不動産投資等の不労所得のほか、個人経営 で頑張っている人も増えています。

現在では、株・不動産投資といった、不労所得のほかに独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった今までの見解も変わりつつあります。高度経済成長期に関しては先行きがみえない株式投資・自営業よりも組織の一員として働くほうが安定性にすぐれていました。人生の正しい道として、またそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。そういった時代は終わり、今は、「成熟期」などと付けられています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。



転職の面接で必要となるスーツの色は、新卒の方が就活の・・

転職時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の就活に着用する色合いが暗黙の了解となっています。要するに、紺系や黒系の暗めの色合い、ということになります。それが、再就職の場面であっても、着ていくスーツの色合いに関してはこういった色が多く、他のカラーを着ている転職者は圧倒的に少ないです。強いて言えば、グレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても黒や紺色のビジネススーツが圧倒的に多いので、人事担当の方からも黒や紺色であるほうが普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という面においてはぜひおすすめします。



仮に再就職しようとしても何もかもがスムーズに進行する…

転職を目指そうとしても、全てがスムーズに進行するという確証はどこにもありません。可能であれば、どちらにしろ転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちになるべく早く考えておいたほうが良いです。たいていの場合、20代の若いうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職そのものが難しくなるのが普通です。もしもあなたが、管理職など、重要な役職に就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、今の会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、今の仕事は続けながら転職活動されるのが良いでしょう。



明日からでも転職活動をするのなら、現在の職場・業務で感じている不満点・・

今から転職を予定しているのなら、今現在の職場・業務の何が気に入らないのかを明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満が大きいから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「よく考えていまの業務や業務の客観的にみた問題を書き出す」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は未然に防ぐことが可能なはずです。



退職|職を探すのに、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン・・

転職活動をするとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」に頼るケースもありますが、あなたがその種のところに登録してその結果職を得ることができた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これと違って、ハローワーク経由で斡旋された会社に就職したときは、就職に備える準備金として、「一時金」を受け取れることになります。ウェブで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。このようなことを押さえておかなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。



関連記事
退職

広告
出会い系 詐欺 相談